2007年02月22日

DICK情報流出騒ぎ

サラ金とかクレジット会社とか情報流出多いですよね。


非常に多いです。

今日のニュース→http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070222-00000068-mai-soci

こんな事では、おちおち情報を教えたくないです。


うそっぱちの住所で金を借りたくなります。


でも、そんなことしたらダメダーメ!!!


DICKが顧客の個人情報を第三者に流出させていたことがわかりました。


第三者ってのはヤクザなんでしょうか?


サラ金もヤミ金融もほとんど一緒だから、おそらくヤミ金に情報が漏れているのでしょう。


DICKで金を借りている方々、ご愁傷様です。


冗談です。


サラ金とは早く手を切り銀行に行くようにしましょう。

もしくはタンス預金でもいいです。


怖すぎる、情報が金になる世の中です。


今のままじゃ危ない!

今日は個人情報について調べました。

事実に基づく報道であっても、恣意的な編集や誇張による偏向報道、それらによる恣意的な社会的制裁によって、一部を見聞きした人が誤認してしまう場合がある。

特に週刊誌の広告では、目を引く為にセンセーショナルな見出しを付ける場合が多く、新聞広告や電車の吊り広告を通じて目にした人が、本文を読まずに誤認したままとなるケースが少なくない。

誤報であったということが判明し、訂正文が掲載されることになった場合でも、誤報した本文ほどには目立たない形で書かれる傾向にある。その為、必ずしも被害者の不名誉が払拭されるとは言い難い。最近ではまるまる一ページに訂正謝罪文を掲載させる(週刊・月刊誌の場合)損害賠償請求訴訟が起こされ、認容される例が相次いでいる。

また誤報などにより報道被害を受けた者がその報道の根拠として情報源の開示を要求する場合があるが、取材情報源の秘匿を理由にして拒否される場合もある。この場合、報道被害者にとっては誤報であってもそれを証明する手段が無くなり、結果的に報道被害のみが残ってしまう。

怖すぎる・・・
posted by 借金と仲良し! at 17:34| 消費者金融 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月09日

多重債務者

<多重債務者>過払い金を国保料に 滞納減目指し 厚労省

法改正によって2009年までにグレーゾーンは撤廃されるようです。

しかし、過払い分のお金は取り返せるそうで、過払いでお困りの方は是非取り返してください。

クレジットにしろ、消費者金融にしろ今までがっぽり儲けたのでこれから新たなことをしない限り復活は厳しいでしょう。

しかし、以前も紹介しましたがサラ金がなかなかお金を貸してくれなくなってきてるので借金返済のために借金する人がヤミ金に手を出さないか心配でなりません。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070209-00000014-mai-pol

グレーゾーン金利(グレーゾーンきんり、灰色金利)とは、利息制限法に定める上限金利は超えるものの、出資法に定める上限金利には満たない金利のこと。利息制限法によると、利息の契約は、利息制限法で定められた利率を超える超過部分は無効とされている。貸金業者、特に消費者金融(サラ金)業者の多くは、この金利帯で金銭を貸し出す。

利息制限法に定める上限金利を超え、出資法に定める上限金利に満たない金利帯をグレーゾーン金利という。登録を受けた貸金業者であれば、かなり容易にグレーゾーン金利による利息を受けることができ、利息制限法の上限金利は簡単に踏み越えられることになる。このようなグレーゾーン金利を発生させる仕組みは、貸金業の統制を図るために整えられた面がある。すなわち、登録を受けた貸金業者に対し、監督官庁による厳しい規制というムチと、その代償として、グレーゾーン金利による利息を受け易くするというアメの役割を、それぞれ果たしているからである。

ウィキペディアより抜粋
posted by 借金と仲良し! at 10:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 消費者金融 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月07日

最近の消費者金融事情

高齢者の被害急増、悪質訪問クレジット契約を法規制へ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070207-00000001-yom-soci

ヤフーからのリンクなんですが、高齢者ってなんであんなに簡単に羽毛布団買うんでしょうか?

簡単にクレジット契約結びますよね。

強引に買わせられてるのは言うまでもないのですが、羽毛布団だけは非常に買いやすいですよね。

私が通信系の営業をしてる時は、親の敵のように怒鳴り散らす高齢者がいたのですが。

なぜか、羽毛布団は・・・

いっそのこと羽毛布団式光ファイバーとか開発してみたらいいかもしれません。

話は少し、脱線します。
【消費者金融大手が融資審査を厳格化】
http://news.livedoor.com/article/detail/3016745/

消費者金融大手の融資審査が厳しくなってきたと、2007年2月6日付の日本経済新聞が伝えた。
武富士やアコム、プロミス、アイフルの大手4社の新規借り入れ申し込みに対する承認率は昨年12月で平均44%となり、2人に1人以上の確率で貸し出しを断ったことになるという。
J-CASTニュースの取材に武富士は、「以前は50%から、高いときには60%ぐらいあった。
06年秋ごろから下がってきた」と説明した。
消費者金融各社はグレーゾーン金利の撤廃に伴い、貸出金利の上限が下がるのを見越して、返済能力の高い顧客の取り込みに力を入れている。
消費者金融の融資審査が厳しくなれば、これまで借り入れができた人が借りられないケースが増えて、いわゆる「闇金」に駆け込む可能性が高まり、自己破産者の増加が危惧される。

消費者金融に断られて→闇金っていうパターンは非常に多いのでこれから注意が必要ですね。


posted by 借金と仲良し! at 15:41| Comment(1) | TrackBack(2) | 消費者金融 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ライブチャットのステハン求人募集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。