2007年02月09日

多重債務者

<多重債務者>過払い金を国保料に 滞納減目指し 厚労省

法改正によって2009年までにグレーゾーンは撤廃されるようです。

しかし、過払い分のお金は取り返せるそうで、過払いでお困りの方は是非取り返してください。

クレジットにしろ、消費者金融にしろ今までがっぽり儲けたのでこれから新たなことをしない限り復活は厳しいでしょう。

しかし、以前も紹介しましたがサラ金がなかなかお金を貸してくれなくなってきてるので借金返済のために借金する人がヤミ金に手を出さないか心配でなりません。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070209-00000014-mai-pol

グレーゾーン金利(グレーゾーンきんり、灰色金利)とは、利息制限法に定める上限金利は超えるものの、出資法に定める上限金利には満たない金利のこと。利息制限法によると、利息の契約は、利息制限法で定められた利率を超える超過部分は無効とされている。貸金業者、特に消費者金融(サラ金)業者の多くは、この金利帯で金銭を貸し出す。

利息制限法に定める上限金利を超え、出資法に定める上限金利に満たない金利帯をグレーゾーン金利という。登録を受けた貸金業者であれば、かなり容易にグレーゾーン金利による利息を受けることができ、利息制限法の上限金利は簡単に踏み越えられることになる。このようなグレーゾーン金利を発生させる仕組みは、貸金業の統制を図るために整えられた面がある。すなわち、登録を受けた貸金業者に対し、監督官庁による厳しい規制というムチと、その代償として、グレーゾーン金利による利息を受け易くするというアメの役割を、それぞれ果たしているからである。

ウィキペディアより抜粋
posted by 借金と仲良し! at 10:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 消費者金融 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ライブチャットのステハン求人募集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。