2007年03月04日

消費者金融ニュース

めっちゃ地方ニュースを紹介します。

本日の記事はあまり興味の無い人がほとんどかもしれません。


でもGoogle アラートで情報が送られてきたのでどうしようもありませんので紹介します。



http://www.kfb.co.jp/news/index.cgi?n=20070303134900a3b4a1dda3

福島県の県消費者センターによると昨年の消費者金融の相談件数が前年より105件増えて7800件に増えたそうです。

やはり、福島県にお住まいの方以外あまり関係の無いニュースだったようです。

今日は書くことがコレくらいしかなかったので、ナニワ金融道について少し書きたいと思います。

商人の町大阪を舞台に、マチ金(消費者金融)会社「帝國金融」の営業マン灰原達之と、借金にまつわる因業深い人間模様を描いた作品。連帯保証人になった彼氏の借金の肩代わりをしてソープ嬢になる女、ご祝儀を盗まれてしまい穴埋めに奔走したあげく取り込み詐欺に手を出し破滅する男、詐欺的先物取引で全てを失った小学校教頭、法律の網の目をかいくぐる闇金融業者更にはライバル企業との対決など、様々な人間の裏表や社会の不条理を描く。青木雄二の独特なアクのある絵が読者に強いインパクトを与え、人気作となった。

作中では舞台となった大阪に合わせ大阪弁や、「難波」の猥雑な雰囲気が違和感なく取り入れられている。また区名や番地などは、893 = ヤクザであったり、独特の名づけられ方がなされているのも特徴。看板だけでなく人名の名付け方にも猥雑な文字列を容赦なく多用しており、この演出を適用されていない帝國金融の社員たちが逆に清潔に思えるほどである。


つまり、めっちゃ面白い作品です。

posted by 借金と仲良し! at 12:11| 消費者金融 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ライブチャットのステハン求人募集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。