2007年03月04日

銀行が消費者金融業?

2007年度中に消費者金融事業に参入=新生銀行専務執行役

http://www.asahi.com/business/reuters/RTR200703010099.html


専務執行役は、グループ傘下で消費者金融事業を展開するアプラス<8589.OS>やシンキ<8568.T>の与信管理システムを活用し、新生銀行のブランドで個人ローン事業に取り組む方針を示した。

具体的な内容は不明だが「クレジットカードや消費者ローンで積極的に打って出る」と述べた。



武富士が友人店舗の2割を閉鎖するというニュースがでたばかり。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070303-00000115-yom-bus_all


消費者金融大手が軒並み大幅な赤字を計上するなか、銀行はわずかながら金貸し部門で設けたようである。


これからは個人のローンに銀行を使うケースが多くなってくると予想される。



さぁ、怖くなってきたぞ。


結局多重債務者を理由に自殺するひとは減るのか?

健全な金貸し、というものが存在しないだろうし。


銀行がアイフルのような以上取立てをする日もくるのか?


これからの消費者金融の動きが気になってきますね。


消費者金融大手の大幅なリストラによって取り立て屋たち他の業界で横行をしだしても困りますね。



どうなってゆくのか、日本。


バブルの頃からこの未来は見えていたのではないだろうか?


新生銀行とは
1998年10月に、経営破綻し日本政府により一時国有化された日本長期信用銀行は、2000年3月、中央三井信託銀行グループ他との競争入札の末にアメリカの企業再生ファンド・リップルウッドや外国銀行らから成る投資組合「ニューLTCBパートナーズ」(New LTCB Partners CV)に売却され、同年6月に「新生銀行」に改称した。
(ニューLTCBパートナーズとのパートナーシップは2006年11月に解消され、これにより2007年2月でRHJインターナショナル(旧リップルウッド・ホールディングス)の最高経営責任者であるティモシー・C・コリンズ氏は新生銀行の取締役を辞任した。)

以上ウィキペディアで調べてまいりました。
posted by 借金と仲良し! at 15:09| 消費者金融 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ライブチャットのステハン求人募集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。