2007年03月12日

消費者金融情報

再三このブログでも言ってきたことなんですが、


消費者金融も金利引き下げで審査を厳格化しているのだそうです。


消費者金融がいくら赤字でも、金をかりたい人間は今も昔も変わっていないと思います。


緊急でお金が借りたい人、ヤミ金に走らないか不安で仕方ありません。


むしろヤミ金が甘い言葉で誘いを増やしそうで。。。

このブログをみている人だけはヤミ金に走らないでください。


たいていの消費者金融は話をすれば待ってくれます。


借金返済のために借金をしないでください。多重債務者間違いなしです。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070312-00000067-jij-bus_all


グレーゾーン金利(グレーゾーンきんり、灰色金利)とは、利息制限法に定める上限金利は超えるものの、出資法に定める上限金利には満たない金利のこと。

利息制限法によると、利息の契約は、利息制限法で定められた利率を超える超過部分は無効とされている。


貸金業者、特に消費者金融(サラ金)業者の多くは、この金利帯で金銭を貸し出す。


利息制限法に定める上限金利を超え、出資法に定める上限金利に満たない金利帯をグレーゾーン金利という。

登録を受けた貸金業者であれば、かなり容易にグレーゾーン金利による利息を受けることができ、利息制限法の上限金利は簡単に踏み越えられることになる。このようなグレーゾーン金利を発生させる仕組みは、貸金業の統制を図るために整えられた面がある。

すなわち、登録を受けた貸金業者に対し、監督官庁による厳しい規制というムチと、その代償として、グレーゾーン金利による利息を受け易くするというアメの役割を、それぞれ果たしているからである。

ウィキペディアにはこう書いています。


知り合いの経営コンサルタントが言っていたのですが、ヤミ金の連中は弱者の心を揺さぶるのが本当にウマい。


怖いくらいに揺さぶってくる。


その揺さぶりに耐え切れなくなった者が、破滅への道を歩んでいく。

のだそうです。



消費者金融で7,800万円くらいの借金どうってことないです。


人間追い詰められた時は笑ってください。


お金持ちに経験できない事態に巻き込まれていると逆転の発想をしてみてください。


笑顔にこそ解決の道が隠されているのだと思います。


それではこんかいはこの辺で失礼します。


P.S. いろいろと考え悩むと行動できなくなります。今は仕事に集中してみてください。
posted by 借金と仲良し! at 17:24| 消費者金融 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ライブチャットのステハン求人募集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。