2007年04月30日

消費者金融の朝

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070429-00000043-jij-bus_all

貸付金残高、6年ぶり低水準へ=06年度末で6兆円に−消費者金融大手5社見通し


消費者金融大手5社の貸付金残高が、2006年度末に合計約6兆円(前年度末は6兆3704億円)と6年ぶりの低水準に落ち込む見通しとなった。

大手5社だけで6兆円ってどんだけすごいんだ?
金貸しって儲かりまくるんだな〜。


利息制限法の上限(年20%)を超える「灰色金利」が09年中に撤廃されることから、各社とも返済能力が低い顧客への融資を絞り込んだため。


消費者金融市場で過半数のシェアを占める大手5社の規模縮小は、規制強化の影響の大きさを改めて浮き彫りにした格好だ。


貸付金残高は、02年度末に合計6兆5043億円のピークを記録した後、多重債務者問題の深刻化を背景に緩やかに減ってきた。しかし、06年度は、金利規制強化を柱とする改正貸金業法の成立で、急激な減少となった。 



消費者金融は今、大きな転機を迎えた。
グレーゾーン金利により、新たな道を模索している。

リストラをして、人件費の削減もしている。
大丈夫か。


特定調停(とくていちょうてい)とは、日本の民事調停手続の一種であり、特定債務者の経済的再生に資するためになされる、特定債務者及びその債権者その他の利害関係人の間における利害関係の調整に係る民事調停であって、当該調停の申立ての際に特定調停手続により調停を行うことを求める旨の申述(特定調停法3条1項)があったものをいう(同法2条3項、2項)。

要するに、特定調停とは、借金の返済が滞りつつある借主について、裁判所が、借主と貸主その他の利害関係人(保証人など)との話し合いを仲介し、返済条件の軽減等の合意が成立するよう働き掛け、借主が経済的に立ち直れるよう支援する手続である。このような性質を有するため、民事調停の一種ではあるが、倒産処理手続の中の再建型手続の一種として位置づけられることがある。実際にも、多額の借金を抱える者が破産せずに返済の負担を軽減できる制度として広く利用され、その申立ては2000(平成12)年の特定調停法施行後急激に増加し続けた(特に大阪市の三セク。大阪ドーム、クリスタ長堀など)。もっとも、2004(平成16)年現在、申立件数は減少に転じつつある。
posted by 借金と仲良し! at 12:11| 消費者金融 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ライブチャットのステハン求人募集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。